道路・環境

ツーリングから眺める、美しい集落

2016/9/13

 

都市から離れた不便な場所にある、小さな集落を眺めて思うのは、なぜここに人が住み続けているのだろうか?

という疑問です。最近やっと理解したのですが、電気、水道、ガスなどのインフラがなかった昔は、生きる為には

燃料の薪木、農耕に適した土地、飲料に適する小川が必要でした。 (さらに…)

2016年 開通予定の高速道路

2016/2/18

https://ja.wikipedia.org/wiki/2016%E5%B9%B4%E3%81%AE%E4%BA%A4%E9%80%9A

リンク先はwikiですが、2016年に開通する高速道路でもっとも大きなものは、2/13日に開通した
新東名の浜松いなさ~豊田東JCTの開通だと思います。関東に住む私が休日、祝日に西日本に行こうとすると、
旧東名のこの区間はたいへん混雑し渋滞するのでうんざりします。開通してみないと断言できませんが、
これでこの区間の渋滞が無くなると思うと嬉しい限りです。 (さらに…)

ツーリングで出会った県道・街道・旧道

2015/9/3

私は旧道をはじめ、時代から取り残された物に風情を感じます。

(さらに…)

ダメな二人のツーリング

2014/11/26

私もそうですが、ダメな人は感情や情緒に流されてフラフラします。よって出世できません。
強い意志を持ち、計画を立て実行する人を尊敬します。

(さらに…)

バイクツーリングに便利な仮眠スペース

2014/11/25

関東から西日本にツーリングに向かう時に、もっとも多く用いる高速道路は東名や新東名です。
渋滞を好むライダーはいないと思いますが、私は渋滞が大の苦手です。特に東名神の渋滞は、神奈川、
岡崎、西名阪付近などは酷く苦痛です。

(さらに…)

瑞穂の国のツーリング

2014/4/8

弊社の部品を購入してくださる中国の方がいます。

先日、弊社に遊びに来て下さいまして、PCの翻訳ソフトを使いながら

色々と会話をして、愉快な時間を過ごしました。

帰り際に、雨上がりの夜空に浮かんだ月を眺めて喜んでいまして、

何が嬉しいのだろうかと不思議に思ったのですが、 (さらに…)

五月のツーリング 旅行の終わり

2013/7/24

misaki岬に行ったところで何も無いのですが、それでも行ってしまうのは

ツーリストの性なのかもしれません。

画像は鹿児島の佐多岬です。海の向こうには

薩摩富士と云われる薩摩半島の開聞岳が見えます。

気温や演歌の影響だけだは無いと思いますが、

竜飛岬をはじめ、北国の岬はメランコリックな

気分になりますが、南国の岬は開放的になったり物思いに耽るので不思議です。

 

下道をゆっくり走るツーリングを私は好みますので、こういった物思いは、これから高速道路で
東京に戻る苦痛からの現実逃避なのだろうなと苦笑しました。

バイクで遠くに行くのは楽しいですね。

 

 

五月のツーリング 迂回路

2013/7/18

douro3桁国道は、がけ崩れや工事で頻繁に通行止めになります.

そうなると県道や市町区村道に迂回しますが、そういった道路は

画像の通りの状態ですので閉口します。舗装が良いのでまだ我慢出来ますが、こういう時は軽量バイクが欲しくなります。

画像の道路は中国地方のとある村道です。 (さらに…)

五月のツーリング – 旧道

2013/6/26

人形権兵衛峠や安房峠のように、トンネルが開通すると峠は旧道となり寂れたり廃道になったりしますが、 (さらに…)

バイクを取り巻く状況 高速道路

2012/11/22

二輪車4社、「高速料金引き下げ」要望 国交省に

ホンダやヤマハ発動機など国内二輪車4社は国土交通省に二輪車の高速道路料金の引き下げを要望した。現在の料金は軽自動車と同じで利用者から「割高」との指摘がある。
「普通車の半額が妥当」(ホンダの大山龍寛専務)として現状の6割に下げるよう、国交省などと交渉する。

4社が19日に都内で記者会見した。聞き取り調査などをもとに、高速料金が普通車の半額になれば「利用回数は2.4倍になる」(同)との試算を示した。二輪車を利用しやすい環境を整え、ピークの8分の1の44万5千台にとどまる国内販売の底上げを目指す。

会見では2011年の世界生産台数も公表。前年比6.8%増の6345万台となり、初めて6千万台を超えた。中国は横ばいだがインドやイン ドネシアなどの生産が拡大した。日本勢のシェアは41.9%だった。12年は新興国が調整局面を迎え「11年並みか若干下回る」(同)と予測している。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD190AE_Z10C12A9TJ2000/

省略されたスズキとカワサキは日経に抗議しないといけませんね。

(さらに…)