変痴機論

倦怠と熱中

2018/9/3

友人から聞いた話です。とあるバイク屋さんの主人がバイクの楽しさ、奥深さをお客さんに熱心に教え伝え、

それを深く理解した多くのお客さんは、レースやツーリングにどっぷりとのめり込みました。その結果、

家庭内が不和となり、甚だしくは離婚した方もいるそうです。

(さらに…)

バイクとフィジカル

2018/5/9

バイクを長く乗り続けるために必要な事柄は何か?というテーマを自問自答したり、バイクに乗る人と話してみますと、

お金、家族、場所、時間、情熱モチベーションなど様々です。40なかばを過ぎた私には、健康だなと思いました。

(さらに…)

ミッションバイクとメンタルヘルス

2017/5/2

二輪業界は日本では斜陽産業で、先行きの見通しは暗いものです。今後はどうなるのでしょう。

バイクの可能性と書くと大げさなのですが、あまり世に伝わっていない、もしくは社会に認知されていない、

バイクのメリットを世に宣伝する必要があると思います。
(さらに…)

必須か無用か、バイクとABS

2017/3/10

ネットのニュースで新車のバイクにABSの装着が装着が義務づけられるとの記事を読みました。

 

以前、運転技術が拙い友人は、緊急時にフロントブレーキを握ってフロントが流れ転倒しました。

(さらに…)

ツーリングで怖いこと

2016/9/10

 

「ツーリングで夜とか人気のない場所で、怖くなったりしませんか?」と問われた事が何度かあります。

質問の真意は、幽霊やお化けのたぐいだと思うのですが、想像すればもちろん怖いです。

ただ、私は幽霊よりは故障の方が怖いので、それほど怖いと感じません。 (さらに…)

バイクとハンドリング

2016/8/25

ずいぶん前に、バイカーズステーションというバイク雑誌のハンドリングに言及している記事に感銘を受けました。もっとも印象深いのは、ハンドリングの良さとコーナー速度は切り離して考えるべき。という佐藤編集長の言葉です。

(さらに…)

強烈な現実としてのバイク

2015/12/18

10代の頃にバイクを乗っている友人はたくさんいましたが、今でも乗り続けている友人は殆どいません。
だいたいの友人は、18歳になって車の免許を取得するとバイクを手放し、
就職して乗る機会が減ればバイクを降りて、家庭を持ち経済的に厳しくなればバイクを売却しました。

もっともこれらは機会に過ぎず、だいたいの人はバイクに飽きてしまうのでしょう。
なぜ、人はバイクに最初に乗った感動を忘れ、飽きてバイクを降りてしまうのか?という点が非常に興味があります。
もっともバイクだけではありません。殆どの人は物事に飽きてしまいます。

(さらに…)

ツーリング中にふと立ち止まる瞬間

2015/6/22

私はツーリング中になぜか立ち止まる時があります。
先日、岐阜方面を走行中にトンネルに進入しまして、その日の外気温は28度くらいだったので
トンネル内のひんやりとした空気が気分よく、何度なのだろうかとメーターの気温計を眺めると15度でした。 (さらに…)

平成人国記 ~ ツーリングで感じる地方ごとの特色

2014/9/6

日光東照宮

以前、ツーリングの途中に日光の東照宮によりまして、歩いて眺めていると、近くで関西弁が聞こえてきました。

「やっぱ東照宮は凄いな~」
「歴史を感じるな」
「立派だよね」

上記の会話は全て関西弁でしたが、私は関西弁に不案内ですので、標準語で表しています。
(さらに…)

第41回 東京モーターサイクルショー 2014

2014/3/29

東京モーターサイクルショー 2013 ホンダ

各画像をクリックすると拡大表示します。
※各コメントはスタッフの個人的なものです。STエンジンの見解を表すものではありません。
(さらに…)

バイクと外観 (ドゥカティ 750SS BMW R100RT)

2014/3/22

バイクは実用というよりは、趣味の乗り物という側面が強いので、色々な要素を含むと思いますが、
私は大雑把に下記の通りに分類しています。

1.スポーツとしてのバイク

2.工学として

3.機械いじり、メンテナンス

4.乗り味などの感覚、批評

5.鑑賞品として

(さらに…)

景色と想像力

2013/7/23

tana観光名所の写真に感動し、期待して現地に行くとたいがい裏切られるので

カメラマンのスキルを恨みつつ感心します。

ツーリングで目的地に向かう際は、現地の画像や映像をネットなどで調べて想像するのですが、
現実の景色はだいたい想像力を下回ります。調べない方が良い場合も稀にあると思いますが、
私の場合はツーリング先で眺める景色がそれにあてはまります。

不意打ちというのでしょうか、ツーリング中に出し抜けに良い景色を発見すると、
なにか得した気分になります。画像は佐賀県福島の棚田です。

 

五月のツーリング 受動的な高揚感

2013/7/19

raizanrinzi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡県は古い寺院が多く残っているので興味が尽きません。
画像のお寺は糸島市にある雷山というお寺です。
雷山の歴史は古く、鎌倉時代末期の後醍醐天皇の綸旨が残っていました。
糸島付近は魏志倭人伝に記されている古くから開けた土地です。昔から人が住む土地には、
人が住みやすい何かがあるのでしょうか。 (さらに…)

スタンダードの良さとチューン&デチューンの難しさ

2013/3/29

RIMG0450私はモトグッチのルマンⅢというバイクを所有しています。
ルマンⅢのブレーキはちょっと変わっていまして、リアの

ブレーキペダルを踏むと、前輪の左側のキャリパーと

リアキャリパーが動作します。

このブレーキシステムは、インテグラルブレーキという名称です。
ホンダのブラックバードや近年のBMWも似たようなシステムを

採用していますが、もう40年くらい前にこのシステムを採用していたモトグッチは、先進性のあるメーカーだなと感心します。 (さらに…)

自動運転 能動運転

2013/1/7

トヨタ自動車は、8日から11日まで米ラスベガスで開催される国際家電ショーで、最新の自動運転技術を
備えた試作車を公表することをウェブサイトで明らかにした。自動運転技術ではインターネット検索大手の
米グーグルが先行し、2010年から技術開発を行っているが、世界のトヨタがこの分野に本格参入すれば、
技術の進歩に拍車がかかるのは必至だ。国土交通省の検討会も昨年、20年代初頭に自動運転の実用化を
目指すとの報告書を発表しており、トヨタの今年の「初夢」が正夢になる日は、近いかもしれない。

 

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130106/biz13010614470006-n1.htm

 

上記の記事は安全性についての言及が主ですが、自動運転について思う事があります。以前車に乗る知人と話したのですが、知人は運転しないで済むなら自動運転化は楽になるし良い事だと言ってまして私は驚きました。知人も私の反応に驚いていました。

(さらに…)